電動アシストMTB(BENELLI TAGETE)で、
森や林などの山道を走るトレイルライドの記録

facebook内にグループ作ってます。ご参加をお待ち致します
https://www.facebook.com/groups/TrailRide.jp/

DSC06838
いつもの清水山。気温は33℃でしたが湿度は40%。何より風が強く吹いてて涼しい~。でも、本日は初のアクシデント。大観峠展望台まで、あと10mの所でチェーンが切れました。ギアの入りが悪いな~と思ってはいましたが、まさかチェーンが切れるとは。繋ぐ工具類も持ってましたが、面倒なので、ノーチェーンで戻ることに。まず、大観峠展望台からでたら、来た道を100mほど上る。勾配は5度くらい。そこからは、ず~っと下り(^_^)

切れたチェーンですが繋がずに交換します。たぶん寿命と思います。
DSC06843

清水山の電波塔。
DSC06835

2-DSC06819
マゼノ渓谷は一度行ってみたかった所です。いつもは進入禁止ですが、本日はガイド付きでオープン。危険な箇所も教えてもらったり、また、行き止まりとかない分、安心して走れます。本日のガイトはFB仲間でもあり、新婚ホヤホヤの橋本さんでした。(^_^)

上の写真の所が、私の難所でした。沢の中を走って向こう側に行くのですが、その先は、なんと、自転車を担いで10mほど上るのでした。これは想定外でしたが、20kgの車体とリュック3kgは、けっこうシンドイ所でした。

気温は30度ほどになり蒸し暑かった。一周5.4kmでしたので、さすがに走り足りず、二周してきました。11月頃の紅葉の時期に、また、企画があるようで、また行ってみようと思います。

DSC06818

Snap_009

動画は頂上までですが、その先は土道。アップダウンはありますが、基本下りの、シングルトラック。トレイルライド満喫でした。

DSC06743
7KM行って行き止まりの帰り道で立ち寄ったのが、ここ「すずめ地獄」。

DSC06750

硫黄の臭いがしてましたが、有毒ガスが発生しているということで、早々に退散。
DSC06746

進んで行ったら、久々のトレイル。
DSC06752

そしたら、石ころではなく、岩だらけ。乗っては通れないので押していきましたが、電源ONにしていると、ペダルに岩があたると急に進んだりするので電源はOFFにして、変速ギアが岩に当たらないように慎重に進んだ。たぶん、抜けるまで200Mくらいだったと思いますが、これほんとに行ける??のアドベンチャーワールドでした。
DSC06763

DSC06760

ここ、面白いから徒歩で回ってみようと思います。
DSC06767


DSC06720
今日も黒川温泉付近。昨日より暑く30℃(^^;)
周回コースへのトライでしたが、勾配15~20度のキツい坂を上っていった先は、柵があり、しっかりと施錠され、家畜伝染病防疫対策の為、関係者以外[立ち入り禁止]の札が貼ってありました。3.5kmで行き止まりでした。
Snap_079

途中2箇所ほど、道路を水が通ってました。
DSC06725

車での移動2時間で、往復7 kmで、時間で34分では、さすがに物足りず、急遽アプリに打ち込んで、他のルートを走ることに。昨日の黒川温泉駐車場から、北東に山の麓までと、進むこと7KM、ずっと上りを進んでいったら、こちらも柵に阻まれ行き止まり。
Snap_080

地図の黒点から北は、黒川林道というらしいが、イノシシの親子がでたり、放し飼いの犬に吠えられたりでした。放し飼いの犬の所を帰りも通ることになったので、警棒を伸ばして、犬が飛びかかってきたら、ぶん殴ってやるつもりでしたが、警棒が見えたのか大人しかった。
DSC06739

DSC06713
雨合羽を入れるのに、左の18Lでは他にいろいろ入っているので入りきれず、以前使っていた右の22Lのリュックと交換しました。余裕を持って入ります。なお、リュックの中には、自転車のメンテナンス用品、ケガの救急用品、水、非常食などが入ってます。山の中でトラブッても帰らねばならないからね。

Snap_076
雨を覚悟して行きましたが、雨合羽の出番にならず。

黒川温泉の駐車場に止めてから、北に位置する「小萩山稲荷神社」にお参りしてきました。黒川温泉街を通りますが、私は温泉には興味がなぁ~い。なんたって、私のお風呂はカラスの行水並の2~3分。しかも、皮膚の油脂分が取れるから、ぬるま湯です。

さて、その黒川温泉過ぎたら上りですが、「小萩山稲荷神社」まで残りの800Mほどは、勾配15~20度で、結構な坂道でした。遠くは阿蘇まで見える位置にありました。その先も道は続いてそうでしたが、行き止まりとなりました。
お参りしたあと、予定コースとしては、さらに北に行き、ぐるっと周回するつもりでしたが、気温26度・湿度74%と蒸し暑く、や~~めたで、そのまま、来た道を戻りました。気温が20度以下になったら、再トライです。
DSC06691


DSC06694

DSC06704

DSC06712

--IMG_20190901_141122491
最近は雨ばっかり。業を煮やして、雨ガッパ購入してライド。これを着てスタートしたものの、パラッと降っただけで、ちょっと物足りない(^^;)

24度曇り。上りではさすがに蒸し暑い。前を全開にあけると多少は蒸れは防げる。ドシャブリの雨が降ると雨で気温が下がるので、その時はどうかなぁ~です。今日は、なにぶん、パラッと降っただけなので、その点のチェックはできなかった。内部は、メッシュ木地、ビニールカッパのようにカサカサいわないのもいい。購入はここ。ただ、私の胸囲は100cmですが、XLでちょっと余裕がある程度でした。

しかし、これで多少の雨でも走れることが分かった。ただ。やはり、雨での小道の坂はアスファルトでも苔生しているところがあり滑る感じ。また、場所によっては砂が道路に薄く広がっている曲がり角なんか、危ない箇所は多々ですが、楽しみが増えました(^_^)

Snap_062

Snap_029
1時間くらいは大丈夫だろうと、定番の清水山周回。
雨具も持って行きましたが、最後まで雨に降られることもなく(^_^)
Snap_028
19℃で、下りは肌寒かった(^^;)
DSC_0173

DSC06519
今日も瀬の本スタート。車で瀬の本近くまで来たら小雨。三愛レストランで、早めの(11時)の昼食取っていたら、雨はあがった。アメレーダでみたら局所的だった。

今日はルート設定せず、観光地図と標識を頼りに行くことに。最初に行きついた所が”池山水源"。その次は?地図で目に留まったのが" ヒゴタイ大橋"。それを目指すことに。今日は満充電。スタートからずっと下りで、ほとんど減ってない。 "ヒゴダイ大橋"まで、まず下りだろう~。

"ヒゴダイ大橋"は以外にサッパリ。地図ロイド(アプリ)にスタート地点までのルートを設定。"池山水源"まで戻って、あとは、最初来た道を帰ることに。ずっと上りだけど、勾配も10度程度。バッテリー残量も、60%残っているので、アシスト5(強)で行っても、十分持つ距離。

ところが、池山水源、近くで雨。雨カッパ携帯してましたが、雨を避けるところがなく、雨に打たれながら雨カッパを着た。これが冬なら、最悪だろう~。残り10KM。アシスト5。車の多い、やまなみハイウェイも5Kmほどは走ることに。幸いなことに、残り3kmほどは、自転車には都合よく路肩の幅が広くなってました。

32.6km/2:31でしたが、やはりルート設定していかないと、上りも下りも、距離も分からずでは、バッテリーが心配ではありました。
DSC06524

Snap_000
Snap_214



↑このページのトップヘ