電動アシストMTB(BENELLI TAGETE)で、
森や林などの山道を走るトレイルライドの記録

facebook内にグループ作ってます。ご参加をお待ち致します
https://www.facebook.com/groups/TrailRide.jp/

Snap_012
有明海と大村湾に囲まれた地域ですが、なるべく山に近いルートを設定してみたら、ほぼ100KMの周回コースとなった。しかし、一度に回るのはさすがにムリ。それで、5ブロックにわけ、約20KM程度を往復して、周回達成することに。

今日は、その最初のコース。片道23KM。往復でも46Kmと長丁場。しかも、最後の5kmは勾配15度が続く、周回でももっともキツイコース。
Snap_011

山茶花高原ピクニックパークからの上りでスタート。バッテリーは、想定通、五家原岳に到着300M手前で切れてしまった。そこでバッテリー交換。帰りは下りが多くなるので、帰り付いたら時は、バッテリーは半分残った。

下写真は、階段を50段ほど上った先が展望台となっていたところ。回りは、電波塔だらけ。その合間から有明海が見えてました。
DSC07626

DSC07620

年末年始だけでは、全周回は達成できそうにないのですが、なるべく早く完走したいものです。山間の単調なコースなので、スマホの音楽を最大で鳴らして走ってます(^_^)



あとで調べて分かったのですが、五家原岳はヒルクライムでは有名のようです。私は、そこを38.53分で上り切ってました。貧脚でもE-BIKEでなら上れます(^_^)

Snap_015

DSC_0485

DSC_0487
前後のブレーキパッド、後ローター交換。すり減って、シャカシャカいい出したのです。
前回3/2に交換した時が2800km。今回は3700km。
どうやら1000kmほどで交換のサイクルのようです。

しかし、半分の500kmは勾配10~23%上り、その半分の500kmは下り。
上りに時間くった分、帰りもゆっくりということで、ブレーキングは頻繁。
それで、プロショップが驚くほどにすり減りが早いのです。
DSC_0484

00.04.000
日本一の石段の到達点、釈迦院まで南ルートをE-BIKEで駆け上がってみました。地図の左下のクネクネしているところは、勾配20度超え、そのあとも、釈迦院まで勾配15度と結構ハードでした。釈迦院から、石段の所まで行ってみるつもりでしたが、11時頃ということで、人の往来が結構あり、また、進入禁止とも書いてあったので遠慮しました。

その後は、ほぼ下りでした。飼い犬らしき犬に道路のど真ん中で吠えまくられました。しばらく対峙し、くるならと警棒で応戦する体制に。しかし、近づきもせず吠えるばかり。ここを通らないと帰れない。それで、ガードレールをガンと一発叩いたら、その音にひるみました。さらにガードレール叩いてやっと退散してくれました。伸縮警棒(短29cm/伸77cm)ですが、これで2度目の使用でしたが、田舎では、犬を放し飼いにしてあるのには困ったもんです。
Snap_048

Snap_047
Snap_046

DSC07594





DSC_0445
祐徳稲荷に参拝して、そこから、矢答展望所をめざし、あとは、中腹を横切っての周回でした。矢答展望所は有明海がドーーーンと見えて絶景でした。一箇所だけ予定していた道に入ったら、草ボウボウで、どうもこの先は獣道だなと、判断して別ルートにしました。他でも所々、トレイルでした。道が、結構、交錯しててスマホが頼りでした。
Snap_165
Snap_164

DSC_0456

DSC_0458

DSC_0461


Snap_144
矢部川源流公園も八女津媛神社も、紅葉、時すでに遅しでした。
ここに行く途中にある、イチョウの群生郡も、すべての葉っぱが落ち枝だけに。
あ~残念。また来年だぁ~。

午前中の早い時間に、みやま市の女山に孫達と紅葉狩りに。カメラ小僧も数人いました。ここオルレコースとなっていますが、本日はイベントらしく、帰りに通った駐車場には、ぞくぞくとバスが入ってました。見頃でした。

午後からは、久しぶりにグリーンピア八女。山中渓谷は通行止めになってましたが、紅葉はすでに終わってました。善蔵堤の湖の周り道には、ヒノキのチップが全面に敷かれてました。ここも見頃でした。
Snap_143

DSC_0410
愛用のカメラはsony RX100。スマホはハンドル固定しているので取り外しが面倒ということもありますが、やはり古い人間、シャッターを押した方が撮った感がある。

先日、孫達とサイクリングに行った際、孫にカメラを貸したら落としてくれて起動不能となってしまった。それ以前に、私も何度も落として、ボディーはキズだらけ。レンズもかろうじて出てくるという始末。修理は不可能と思ってましたが、SONYさん、ボディー交換してくれて、きれいになって戻ってきました。

もう壊さないとシリコンカバーを購入。そしたら、さすがに中華モン。専用カバーなのに、ガバガバの甘々。まぁ、ないよりはマシかな~です。
DSC_0407


DSC07470
孫の自転車ですが、バルブが悪いと思ってましたが、パンクしてました。修理道具も揃えてはいますが、やったことがない(^^;)。ということで挑戦してみました。タイヤレバーというものが、役に立ちました(^_^)、これを使って簡単にハズせました。空気漏れは、洗面器に水を入れて、すぐ発見できました。ゴムのりをパッチとチューブにつけて、5分ほど待って、ゴム槌で叩いて圧着。再度、洗面器につけてテスト。バッチリ。

しかし、タイヤにチューブを入れようといるも入らない。YouTubeの動画を再度確認して間違いに気づく。ほどなくして、パチッとタイヤがはまった。空気を入れて完成。

しかし、外では難儀するだろうな~です。外でパンクしたら、 瞬間 パンク 修理剤を使っておきます。
DSC07475

Snap_138

VID_20191119_114611_00_013.mp4_snapshot_00.06.736
本日は代休。天気のいい日をいただきました。
スタート地点はいつもの、黒川温泉の駐車場。紅葉がきれい~。

黒川温泉を南下して象が鼻まで。行きがけに、犬を放し飼いにされていたところがあり、下りでもあったので、突っ切って振り切った。しかし、帰りは上り坂。しかも、奴は座って待っている。警棒出して、威嚇しながら走り抜けたら吠えもせず。やっぱり武器は持つべしです。

それと行きがけは気づかなかったのですが、牛が道路のすぐ側に。有刺鉄線はあるものの、結構な威圧感。刺激しないように走り抜ける。あれに襲われたら警棒でも敵わない(^^;)

象が鼻の突端まで行きました。3度目ですが、最初に訪れた時は草原でしたが、2度目は笹が刈ってなくて残念でしたが、今回も、同じでした。それで、少し戻ったところで刈ってある所に上ったら、阿蘇山と九重山がぐるっと見渡せて絶景でした。(動画あり)Snap_119
Snap_120



バッテリーはギリギリでした。
IMG_20191120_135441389_HDR

VID_20191110_104234_00_031.mp4_snapshot_00.02.695
内孫3名、外孫1名、引き連れて、耶馬溪メイプルサイクリングロードを走ってきました。20kgの孫乗せても、ほぼ平坦で楽々でした。紅葉にはまだ早かった。
Snap_084
Snap_083

↑このページのトップヘ