DSC03572
平戸のオルレコースを走ってみようと行ってみましたが、結論から言えば、全行程は電動アシストMTBはムリでした。階段あり、石ゴロゴロあり、超激坂ありでした。

うちの近場にもオルレコースありますが、清水山オルレはムリ。八女オルレは30Mほどの階段がありますが、こちらは全行程走れます。オルレコースは基本プチ登山なので、電動アシストMTBで走るコースではありませんね。走れるのは一部ということです。

さて、一応、ルートはYAMAPなどにありましたから、スマホに入れて行きました。時計回りのルートになっています。スタートして500mほどでお寺に。ここで早くもウロウロ。よくルートをみたら、階段上りとなっていて、ここは迂回することに。

オルレコースは、立て札とかリボンがされてます。ところがです、立て札のとおりに、進んだら、木立の中に。いいシングルトラック、と、進んで行ったら、蜘蛛の巣に何度もあたる。そのまま進んでいったら、踏みつけた跡のないところに。道がなぁ~い、です。ピンクのリボンは、オルレの為に簡易的につけてあるとバカリ思ってましたら、林の管理の為のものでした。戻って、立て札を確認しましたが、間違いなく入り混んだところを指してました。
DSC03564

orure1028_001

一般道を走り、川内峠に。ここは、見晴らしがよかった。
DSC03566

オルレコースは、この丘を越えて行くんだけど、、、。
DSC03570

階段状になってますが、両脇の轍の所は走れそうだったのでトライ。勾配20~30度。最初の山頂近くまで上って行きましたが、草が階段に覆い被さっていて、上るのを拒まれました。来年2月頃に野焼きがあるそうなので、その後すぐだったら、上り切れるかも、です。なお、階段はモーター部分をぶつけますので、パスしました。
DSC03568

上り切れなかったので一般道に。山頂に行くと思ってましたら、ルートから外れて下りに。おっととで引き返しましたが、徒歩でしか山頂に行けないのでした。

このまま素戻りと思いきや、ルートは違うところを示してました。側溝をまたいでと、入り口からして怪しい。でもルートは間違ってない。行けるところまでと、進んで行きましたが、これが、下の写真のように石ころのある坂道続きで、転倒しないように気合いで、上ったり下ったり。しかし、こんな道の先に、さらに勾配のきつい坂で立ち往生。仮に電動アシストMTBを押して越しても、この先は、ちょっとムリかも~で、ここで引き返して一般道に。
DSC03575

その先の帰りもオルレコースに入ったら、広葉樹の落ち葉あるシングルトラックに。いい感じと500mほど下った先は、あ~~階段。下ってきたので上って一般道へ。

ここ、近けりゃ、なんどかトライすれば、電動アシストMTB向きのトレイルコースができると思いましたが、高速道使っても往復4時間のドライブは、それだけでもちょっとキツイ。近場の人が開拓することに期待しておきます。