カテゴリ: Fatbike(DESSERT)

タイヤの太いFatbikeは、ビーチのフワフワ砂地でも草地でもヘッチャラ。無敵です(^_^)でも、浜に打ち上げられたガレキには、釘が付いている板とかあって、それを踏まないようにだけは注意してます。パンクに備えて、ガス式のパンク修理剤は必須携帯です。しかし、波打ち際を走れなく、けっこうハードなビーチを走ったので、4KMほどで、バッテリー残り1になってました。

DSC06110
電動アシストFatbikeですが、使わなくなったからと、もらい手を探しましたがダメでした。それでビーチに連れて行くことに。TAGETEでは、砂に埋まって変速機を壊したことがありましたが、Fatbikeのぶっといタイヤは、フワフワの砂地でもへっちゃら。最高です(^_^)。今後は海のお供にします。

DSC05405
TAGETE27.5(2017)Sを修理に出しているので、久々に電動アシストFatbike(DESSERT)。こいつのアシストが、一回転しないとかからないのと、アシストがかかると速度を速めるので、そこが癖者で山道は苦手である。

それで、矢部川の川原に行ってみました。平で砂地のようなところは、Fatbikeのタイヤ幅の広いのは埋もれもせず走れる。こういうところには向いてる。
Snap_042

DSC04020
電動アシスト【Fatbike】で、清水山でも、ガンバッテ回ってみるかで、いつもの女山の麓の駐車場からスタート。最初の坂は勾配8%程度あるが、300mほどで踏む力が足りずモーターストップ。ギアをみたら、最上段と思ってましたが中段にあった。重いハズです。

車まで戻って調整しましたが、うまくできない。しかたなく自宅に帰る。メンテナンス方法をYouTubeを参考にしましたが、ネジの位置が違うので、1時間半、四苦八苦して、上段から下段までスムースに移動することに成功。理屈が分かってないので奇跡的(^^;)

さて、また。先ほどのスタート時点に。ここまで車で20分程度。今度は段切り替えが最上段になるので楽々と思いきや、結構重かった。なんとか、最初の坂は上りきった。このFatbikeは、アシストを強めると少し加速する。速度を落としてもアシストも強くはならない。

なんとか、女山の展望台の所(ずっと上り約2km)まで行きましたが、重い重い、ちょっと立ちこぎでした。太もももパンパンに。足首も膝も痛くなってきて、本日はここまでで~~で、Uターンして下りでした。バッテリーは満充電してたのに残りは10%に。国内法非適合品と知らないで買ったのですが、ひどいもんです。

Snap_028


DSC01861
久しぶりに電動アシストFatbike(DESSERT)で、女山の展望台の所まで行ってみましたが、ここが、これでは限界です。アシスト車でもこうも違うのかを実感です。アシスト力は"2"が国内基準ですが、どうも"1"程度しかないと思います。アシスト最強の5、ギアも最も軽いのにしても、ペダルはめっちゃ重いし、バッテリーはみるみる減り展望台まで行ったとこで20%残りのでした。これではトレイルライドは無理~ということは分かりました。
SnapCrab_007

----ぼかし DSC01798
防犯登録ができないと諦めていた、電動アシストFatbikeですが、型式認定は任意ということを知り、車体番号をやっとのことで探し出し、本日駐在所で、防犯登録すませました。これで一安心。

imgrc0062928665

Snap_046

午後になって、やっと雨が止んだので心臓破りコースに挑んでみた。

まずは、ポイント1へ。ここはグリーンピア八女の入り口付近に当たる高台(下写真)で、舗装された道路ではあるが急な坂道で登ったこともなかったところ。さすがに、最後の20Mほどは、PAS-5でも上り切れずでした。

ポイント1から、しばらく林道の下り坂でしたが、舗装道路にでたら、赤いマーカーの出発地点までは上り坂。ここは、以前のFatBikeでは、何度も休憩してましたが、ここ一発クリア。

それで、ポイント3まで一気に下ってみた。そして、ポイント2迄の上り坂に挑戦。ここも結構、急で、10回くらい休憩してやっと上っていたところ。でも、一発クリア(^^)

全行程5.23km/35.15分 バッテリー消耗はさすがに激しく、10あったものが、2まで激減してました。漕いでないとアシストは当然効かない。ちょっと漕ぐのを止めると、トタンに重たい。ずっと漕ぎつづけるのは、楽ではあるが単調過ぎる(^^;)

しかし、私の体力を十分補ってくれることは分かったので、いままでトライしたことない場所にも行ってみたくなった。なんだか、行動範囲が10倍増えた感じ(^^)。電動アシストFatBike、超楽チン(^^)

22

imgrc0062928665

名称      アシスト電動自転車「デザート」26インチ
タイヤ     26インチ/10cm幅
重量      22kg
バッテリー     リチウムイオンバッテリ-(36V10AH)
モーター      36v250Wパワーブラシレスモーター(ホイルインタイプ)
航続距離     約45km(アシスト使用時)
アシストユニット      充電時間4-6時間
トランスミッション     7段変速(SHIMANO製)
ブレーキ          前後デスックブレーキ
購入先 楽天ショップ・アルザン
組立図と説明書→PDF


平坦な道より山林を走りたい私ですが、62歳には上り坂は超シンドイ。マジ、2~3度ほど死ぬか思ったほどに心臓がバクバクに。なんとか、持っていたFatBikeに電動に改造できないかといろいろ調べてはみましたが、海外でしかもKickstarter(クラウドファンディング)と怪しいところバカリ。FatBikeは電動はムリなのかな~諦めてました。
(以前のFatBikeは、ヤフオクで日田の方に引き取られていきました。)

ダメ元で、”電動 FatBike” と検索したら、アルザンさんに、手頃価格で電動アシスト自転車なるものが掲載してあった。自転車と書いてあるがタイヤ幅は書いてない、でも、間違いなくFatBike。在庫があるか、メールしたが一向に返事がない。

そうこうしていたら、楽天ショップ・アルザンに3台出品された。10月27日入荷以降発送予定とあって、誰か発注したようで、すぐ2台になった。アルザンさん、まったく返信しないので、私は代引きでポチッとしました。仮に入荷がめっちゃ遅れたらキャンセルするつもりで。

そしたら、なんと、2日後に運送屋さんから、荷物が届いていることの連絡がありビックリ。アルザンさんからは、なんの連絡もなかったので、現金も用意してなく翌日配達してもらったが、この対応の悪さは、いままでネット販売しているところでは経験したこともない悪さ。でも、商品は大満足なので、今後発注する方は、そこんところ十分心してください。

商品はデカイ箱に、前輪、ハンドルが分解されて入ってました。梱包がまずくフレームの前輪タイヤがハマル金属部分が箱の底から飛び出ていたらしく、引きずったら、何か擦っていると思ったら、その部分でした。

午前中届いたのですが、組立ては夜にしようと、まずは充電。中国→日本の変換アダプターが入ってましたが、使い方の説明書がなく、どうやっても甘々のゆるゆる。しかしなく電気屋さんで、きっちり止まる、中国→日本の変換アダプター買ってきました。

夜、組立てにかかりましたが、組立図が入ってない。工具も足りない。汗だくの悪戦苦闘で1時間。なんとか組み上がりました。とりあえず乗ってみたら、ギアを一番軽くしても微妙に重たい。買い損なったかなぁ~です。

デジタルメーターの電源入れてみようとすれど説明書がない。どうやって電源入れるのかと、横をさすったり裏をさすったりと四苦八苦。なんとかONに。バッテリーのメーターが付いていたので、なるほど、このデジタルメーターはスピードとか距離だけについているものでなく、動力部分も管理していそうなのが分かった。画面には[PAS]というのが"1"と表示されていた。これでアシスト状態かな?と。

その状態で乗ってみてビックリ、半漕ぎしたら、ビューン。それは後ろから誰か押しているかのように。この軽さには、ほんとに驚愕です。PASは1から5まであるが、5にしたら、スピードもでてビュンビュン走る。もちろん軽い軽い。田んぼの中を走り抜けてみたが、楽っ楽。これを先に買うべきだったと思ったくらい。

↑このページのトップヘ