カテゴリ: 清水山

DSC04499
つら~と、逆時計周回。この時期は徒歩で大観峠展望台を目指す人が多い。ということで、大観峠展望台はスルー。久しぶりに古僧都山道の方に下ってみたけど、ここは落ち葉は、ほとんど放置状態。まぁ、倒木や竹が倒れかかってないのが多少は幸いですがね。清水山の三重塔付近、女山の展望台付近は紅葉はまだです。たぶん、来週あたりと思います。
Screenshot_20181116-175212

Snap_020
陽が落ちる間際の17:40にスタート。大観峠展望台はスルーしましたが、そこら辺で陽が落ちて、麓に付いた時は、薄暗くなってました。ライトは三灯立てですので、まだまだ大丈夫。今日は、さすがに、車にも人にも、すれ違うこともなくでした。

DSC03850
初めて、朝8時という早い時間に清水山へ。大観峠展望台の展望も快晴で遠くまで見渡せました。気温も18度と、ちょうどいい。女山から大観峠展望台までの道は散らかり放題でしたが、うどんの竹屋から下道まではブローで掃いてあって、きれいになってました。
DSC03853

DSC03855

DSC03828
台風は、自宅の気象計で最大瞬間風速25.9 m/s(12:03)だった。雨はほとんどなく、15時頃から、いつもの清水山へ。ただ、南風が時折15m/sくらいは吹いてて、いつもどうり南から上がると、枝でも正面から飛んできたら避けきれない、と思い、いつもとは逆の北側の方から入ることに。雨も心配だったが、一滴もかからず周回できた。昨日起こった、ペダル側にチェーンが落ちることもなく。

いつもはブローで吹いてきれいにしてある道も、今日は、葉っぱや小枝が落ちて、いい感じのトレイルになってました(^_^)。小枝が前輪にはまり込まないように、また、はまり込んで前転倒することも考えて走ってました。

また、久しぶりに女山の展望台まで。勾配30度を一気に駆け上がりでした。
DSC03835

気温22℃ですが、湿気が多くて、爽快ということにはならなかった。
DSC03832

大観峠展望台から雲仙側に撮影。雲が切れている所には、光りが降り注いでました。
DSC03830
 

DSC03749
清水山周回ですが、太陽が沈みかける、ちょっと前の17:45スタート。大観峠展望台では、すでに夕日落ち、途中は薄暗い所もあり、三灯点灯です。スタート地点に戻ったのが18:30。秋の夕暮れは釣瓶落としでした。
DSC03744

2018-09-17 16.23.42
大牟田にある九州車輌さんで、タイヤを交換していただきました。時間がかかると思い置いてくるつもりでしたが「15分ほどで終わりますよ」と言われたので、タイヤ交換の所を見聞しながら待ちました。さすがに、手際がいいですね~。

今日は、もう走らないつもりでいましたが、いつもの清水山周回で、新しいタイヤを試してきました。女山からスタートするのですが、ここは、いきなり勾配15度。しかし、確かに違うのは、私が踏んだのが確実に地面に届いている感じ。これはいい、でした。

私は勘で空気を入れてましたが、九州車輌さん4気圧ギリギリまで入れられました。カッチカッチやで、でした。上りはそう感じなかったのですが、下りでは振動が直接伝わる感じでゴツゴツでした(^^;)

たぶん、私は後ろが3気圧、前輪は2気圧くらいしか入れてないと思います。リムウチすることはいままでなかったので、少し減らそうかな~です。

九州車輌さんでは、電動アシストMTBも扱ってあるので、私からもお薦めしておきます。そうそう、PanasonicXM2の試乗車が置いてあります。

いつものルートですが、大観峠展望台で私のTAGETEをガン見していた人があったので、少しお話しましたが、その昔、清水寺の方から、34段のロードバイクで2度、ここまで上ってきたことがありましたが、途中2回休んで、大観峠展望台のゲートからここまではめっちゃキツカッタと言われました。68歳だそうです。

"電動アシスト"と言ったのに”電動”と言われたので、違います、”電動アシスト”です、漕がないと進みませんと説明しました。なお、TAGETEは、国内法に適合し、公道も走れる仕様となっています。

DSC03557
両面スマホのHisense A2 Proをついに諦め、Moto Z2 Playにしました。Hisense A2 Proは、中国から直輸入しましたが、結構なお値段でした。でも、もう買い換えないつもりで大枚はたきました。

しか~~し、山でまったく使えない。800MHz帯のバンドが対応してなかったのです。800MHz帯のバンド対応していた古いスマホでテザリングして使ってましたが、業務でも支障がでてきて、ついに見限り。半年は我慢して使っていたことに(^^;)

それで、同じように屋外でも見やすいMoto Z2 Playに。もちろん、全バンド対応。先ほどいつもの、清水山を周回してきましたが、いままでほとんど圏外でしたが、Moto Z2 Playは全バンド対応なので、どこでも電波入ってくれてました。これで、安心、も~買い換えないと思う(^^;)

古いスマホはMoto G4 Plusでしたが、実はちょっと調子が悪かった。外孫にでもやろうと、モトローラに修理に出しましたが、なんと4日で修理が終わって戻ってきました。いままで2度、画面割れで修理しましたが、ほぼ一週間内でしたが、さらに早くなってました。ラッキーだったのは、今回の修理は無料でした。
さて、今日の清水山は、午前中雨が降ったせいか、雨が上がった午後は、いつもより登山者が多かった。それで、大観峠展望台には寄らず、そのまま周回でした。

DSC03543
3時頃ですが、21℃と随分と涼しくなりました。でも、湿度99%と高くて蒸し暑かった。
雨レーダーで、このあと雨は降らないようでしたので御牧山へ。駐車場に車を止め、自転車を出し、100m走り出したらポツポツ雨。1KMほど周回して撤収。

それで、北へ直線ですが4KM程移動して、いつもの清水山へ(^^;)。いつもの駐車場では、とてもいい香りがしてました。大観峠展望台では有明海までは見えましたが、その先の雲仙は雲に隠れてました。DSC03544
走行データは取りましたが、いつもと同じなので省略します。

先週の土日はいろいろの用事で走れなかった。今度の日曜は雨予報。ということで、夕方から10日ぶりに清水山周回。

スタートして1KM地点で、体長50cm程度の子どもイノシシに出会う。距離は10M程。後続なく、道を横切ることもなく、反転して林の中へ走り去っていきました。親玉がいるやも知れないので、警告音を鳴らしながら通過。

大観峠展望台まで行き、景色を眺めるも、うっすらと雲がかかっていて、良く見えず。写真も撮らず。

Snap_124下って行ったら、なんかハンドルが重い。気のせいかと思ってましたが、念の為降りてみてみたら、前輪のタイヤ圧が足りてない。そのままでも帰れそうでしたが、携帯ポンプを試してみることに。そしたら、バルブが合わず空気が入れられない。バルブも開けてしまっていたので、完全に空気は抜けきってペチャンコ。下りではあるが、元の場所までは4Kmほどはある。やだなぁ~です。


Snap_125それで、空気も入れられるパンク修理材も持っているので、こちらを試すことに。こちらはバルブも問題なく合って、シューで空気が入り、あとは問題もなく無事戻れました。

あとで、携帯ポンプの方、説明をネットで確認したら、仏式も対応でしたが、中の小さいパーツを反転するようになってました。一度確認したつもりだったのですが・・・・




いつものコースだから古いのを一応貼っておきます
Snap_075


DSC03335
雨がいつ降ってくるかという天気でしたが、定番の清水山へ。気温は28℃でしたが、湿度が93%と上りでは汗だくになってしまいました。

大観峠展望台の手前20mで、でかいニョロ(1.5m程)に出くわす。私との距離10m。でるでるという想定で走っているので、毎回、同距離程度で停止です。わたくし、ニョロが大嫌い。小枝とか、道路の割れ目でニョロと間違えることも。しかし、光と音で、威嚇しても、あいつら、ゆうゆうと横切って行きますね。
DSC03336

ここでは、142 bpm/最大心拍数。5km程が上りで、4km程が下だり。
ショートのお手軽コースです。これを二往復する気はない(^^;)
Snap_075

電動アシストMTB・TAGETEで、清水寺旧参道を駆け上がってみました。動画は、立ち止まった所をカットしましたが、下から5分弱で舗装道まで行けそうです。階段があるのでそこは押して上がりました。その先50mばかり、勾配20度と激坂ですが、TAGETEでは楽勝~。今回は、走るのが目的でなく、ここにあるであろう"楠の木"を探しての映像でした。しかし、それがみつからず、次回は徒歩で行ってみます。

DSC02610
帰りに自動販売機で冷たいコーラ。そこにある無人販売所。監視カメラは、ほんものかどうか怪しい。でも、払わない人はいないでしょ(^_^)

雨は降りそうにないので、とりあえず~で、清水山へ。大観峠展望台に行ったら、初めての遭遇ですが、マウンティンバイクで上って来た3名が記念撮影してました。それにハイカーが30名ほど、大入り満員。停止することなく、そのままターン。11時頃だったのが悪かった(^^;)

下って行ったら、私の背後でバキバキバキと音が鳴った。イノシシの竹をへし折る音でもない。そのあと一段と大きな音でバキと大きい音が。どうも太い枝折れたらしいが、通過後から数秒後の出来事でした。雨後の強風には気をつけねば。

DSC01861
久しぶりに電動アシストFatbike(DESSERT)で、女山の展望台の所まで行ってみましたが、ここが、これでは限界です。アシスト車でもこうも違うのかを実感です。アシスト力は"2"が国内基準ですが、どうも"1"程度しかないと思います。アシスト最強の5、ギアも最も軽いのにしても、ペダルはめっちゃ重いし、バッテリーはみるみる減り展望台まで行ったとこで20%残りのでした。これではトレイルライドは無理~ということは分かりました。
SnapCrab_007

DSC01707
昨日は雨、今日は強風で、葉っぱや小枝が散らかり放題。
本日はお留守番なので、いつもの清水山を、ぐるっと一周。
秋になったら、細かい道を、一本ずつ調べてみようかと。
SnapCrab_058

DSC00962
上写真は清水寺の三重塔です。

今日は、玉名市の蛇が谷公園から、北に上って周回30kmを予定してましたが、1時間かけて行ったた公園は、桜の名所でもあるらしく、臨時駐車場まで満タンで断念しました。

戻って、定番の清水山へ。
いつもの女山の駐車場の桜もほぼ満開。昼過ぎから、上ったことなかったのですが、急ぎもしなかったせいか意外に楽ちんでした。1KMほど先の池付近では、モトクロスバイクの練習場が2箇所あることが分かり、ブイブイいってました。冬、ここら辺の路上でメンテナンスしてあるところを見かけていたのですが、やっと謎が解けました。
DSC00946

下は女山展望台から500mくらい行ったところですが、
女山展望台はも同じような感じで桜満開でした。
DSC00958

今日は、車が多く、ストロボライト点滅させて走りました。
それと、大観峠展望台付近では数台駐車してあり、また、歩いて入る人も見かけたので、こりゃ、上は多そうだと自粛しました。
SnapCrab_269

SnapCrab_178
清水山→御牧山。何度かトライし、部分的に検証したりしてましたが、構想してから約1年、やっと大周回できました。全工程31.11km(トレイル20km+ロード10km)。バッテリーの消耗は80%程度でした。

清水山の大観峠展望台から東へ抜けるルートは、50mほどですが、マジ不気味です。
SnapCrab_179

SnapCrab_176

それを下って、オレンジロードから、御牧山に通じる道は、勾配25度が何カ所かあり超難所。完走を目指したので無理をせず、1~2分程度の小休止を入れ、呼吸を整えて進みました。通れると分かっているので上るだけでしたが、TAGETEのアシストは踏み込んだと同時にかかるので、斜面スタートもとても楽です。
SnapCrab_177

車は 女山麓の駐車場に停めてきたので、ロードを北上ですが、一般道をなるべくさけて戻りました。詳しい経路等は、下記の[清水山→御牧山、大周回]の名前の所をクリックすると詳細が見れます。また、GoogleマップでKMLでデータ公開しました。挑戦したい方はどうぞ。

SnapCrab_085
GPSの記録が取れてなかったのが残念だけど、お牧山から清水山に通じる道(-青線)を発見しました。これで、清水山から北から、山を連ねて、お牧山まで行けるルートができました。

ところで、お牧山へ行く途中に、[お牧山マウンテンサイクリングコース]という小さい看板が立ってました。周回後、トイレに行きたくなって、たまたまで初めて寄った図書館に、なんという引き合わせかポスターが貼ってありました。しかも、大会は今日。私が通った時間は、スタート時間の10時。次回は参加させてもらおうと思った。
02

DSC00136
道中は、粉雪舞うでしたが~、大観峠展望台まで。
下界は見えましたが、霞がかかったように薄らで、寒々でした。

本日の最大心拍数は、計測はじめて初の171 bpm。清水山の電波塔あたりです。激坂で、しかも、歩いている人が多いようで、木の幹が血管のように、地上に這っていてゴツゴツ。上り切れず、途中で草地の斜面に倒れてしまいました。幸い転げ落ちることはなかったのですが、その緊張もあってか、心拍数も170突破でした。2~3分その場で、呼吸を整えて下りとしました。ここから東に行ける道は発見できずでした。

ここでの振動が結構前輪に堪えたらしく、車に、TAGETEを積む際分かったのですが、前輪が緩んでガクガクしてました。よく外れなかったもんだわ、です。

DSC09701
走りはじめは、清水山にある、三ヶ所のお寺を巡りました。
一箇所目の清水寺は、元旦ということもあり、参拝者が多く混雑してました。

DSC09702
二箇所目は、初めての、永興寺。 ご本尊は千手観世音菩薩。

DSC09707
三箇所目は、しゃくなげ寺(八楽会奥の院)。
4月上旬には1000本のしゃくなげが咲き誇るそうです。

ここに参拝していたら、ご住職らしい方が、隅にある水は甘いよ~って、言われたもんでいただいて参りましたが、軟水のようで、コーヒーにしたら旨いだろうなぁ~でした。
DSC09711



)

↑このページのトップヘ