カテゴリ: 阿蘇

GS-000223
GS-000222
土日はカミサンにねだられて、竹田市から定番阿蘇とほぼ観光(^^;)
それでもE-BIKEは積んで行きました。

土曜日は竹田市内をE-BIKEで一人観光。二日目は、竹田市郊外からE-BIKE。西に一直線でカミサンとは大観望で待ち合わせ。最大心拍数は138 bpmで、ほぼポタリング。GARMIN Varia RVR315 リアビューレーダー用にお古のスマホを付けたのですが、まぁ、ほんとに便利。たまにしか車の通らない道は、ド真ん中を安心して走れますね(^_^)

DSC09873



DSC09686
阿蘇なら涼しかろうと行ってみましたが、スタート時点で33度。最高は37度。上りでも15KM/Hはでてないと、めっちゃ暑い。下りは、涼しい~というか、熱風でした。
地獄温泉付近で、落差60mの豪快な滝(金龍の滝/上写真)がありました。Googleストリートビューでは、紅葉の立木がありますが、地震で橋ごと流されて地形も変わったようです。

スタート時GPSを入れ忘れですが、スタートもゴールもあざみヶ池公園です。時計回りです。
GS-000125

まずは、阿蘇~って雰囲気の写真
DSC09649

米塚。以前は登られたようです。
DSC09652

草千里
DSC09655

阿蘇ロープウェイの所。入山禁止です。遠くに噴煙が見えます
DSC09663

阿蘇ロープウェイの所から南には初めて行きましたが、絵に描いたような豪快に山が現れました。
DSC09672

中央の白い斜面は岩?
DSC09674

1000mほどのトンネル。周回道はなく鬼門です。ここは歩道もなく、急いで突っ切りしかありません。若干下りで時速40KMで一気に通り抜けました。幸い後続車はありませんでしたが、トンネル内は結構な騒音がしてました。
DSC09678

これだけ大きい滝は珍しいのです。金龍の滝という、そうです
DSC09689

水量が多いらしく、道路も川状態。
DSC09695


Snap_188
阿蘇・道の駅から、南に下り、古坊中の中を一直線突っ切ってロープウェイまで、ずっと上りの10KM。古坊中で時々勾配20度が・ロープウェイからは、草千里を通って戻りました。
Snap_191
Snap_190



古坊中 - Spherical Image - RICOH THETA




DSC04593
今日は、阿蘇大観の森から、昇龍のごときの道(大観峰東)を駆け上っての周回約20km。昇龍の道は、距離は1.6km。標高差は200m。勾配は20度以上の激坂。急がず急がずと、何度か停まっては、呼吸を整え、心拍も上がり過ぎないようにユルリユルリ。それでも13分ほどで上りきりました。動画はノーカットにしました。先日走った箇所も、三軸ジンバル+カメラで撮影したものを投稿しました。
DSC04633

下りは行けるかどうか分からなかったので、2コースを用意しましたが、2コースともモトクロス大会のコースとなって進入できずでした。それで、先日の象が鼻経由で下ることに。突端近くでは、ハンググライダーが集結してました。
DSC04627

象が鼻の先は、昨年は崖崩れで、その場所では自転車を担いで通りましたが、今回は通行止めにはなってましたが、そこのところの修復工事は終わってました。工事車両も休日で入ってきてないようで、落ち葉の道が続きました。
DSC04631





DSC04593
今日のお目当ては、ラピュタもどき(扇谷展望所跡)。国道から入ってすぐでした。最初くねくね道のほうに入ってしまい、二角曲がってこっちじゃないなでした。勾配は20度。下まで降りてもよかったが、今日のお目当てとは違うので、またの機会とした。ラピュタもどき(扇谷展望所跡)は、下の方に続いているかと思ったら、ぐるっと回って国道にでてしまいました(^^;)
Snap_127

動画は、象が鼻に行く途中です。阿蘇らしい風景を満喫して走れる場所した。


象が鼻は昨年2度。そして今年。
最初のような感動は薄れてしまいましたが、寝観音さまは、同じでした。
DSC04600

DSC02767
阿蘇の古坊中を走ってきました。全線コンクリで、つなぎ目に草が。阿蘇火口側から下って、北側に付いたところでUターン。今度上りとなりますが、勾配20度の直線200~300が所々、そこんところが、少々シンドかった。無風で気温30℃程度。登山道ですが、登山者には一人も出会いませんでした。
DSC02763
阿蘇側ですが、ゲートの右側に人一人通れるところは、自転車を立てて通過しました。
DSC02764

ちにみに、下記は北側です。こちらにもゲート右に、人一人通れますが、L型となっているので、自転車を立てて通過は、有刺鉄線もあるので注意が必要。横の柵の間を通った方がよさそうです。
DSC02753

Googleマップの航空写真では不毛の大地と思いきや、この季節は、緑の大地でした。あちこちで放牧してありましたが、幸い、走った道に糞があったものの、牛達はいませんでした。
Snap_035


DSC02354
この写真拡大してみて下さい。牛が数頭いるのが分かると思います。柵がないんです。襲われたらどうしようとハラハラドキドキ(^^;)

宮地駅近くから、鍋の平キャンプ場に通じる一本道を地図で発見。通れるかどうか、道路状態を道路公団に尋ねましたが自転車なら通れ、途中柵があるが締めればいいですと、丁寧に教えてもらった。下記の所が柵。
DSC02340

梅雨というのに上天気。
DSC02354

DSC02351

DSC02326

昔(45年前)のイメージとは様変わり。シーズンオフで閉鎖されてました。
DSC02348

バッテリー満タンにして、ほとんどアシスト5で走ってましたが、2目盛り残りました。
DSC02368

スタート時、300M程、道を間違ってしまいました(^^;)

(2)から(1)ですが、川の東側を走ったのですが、こちらは、車が離合できるくらいの幅がある、未舗装道。

こちらのコースの距離は、(1)の2倍ほどありますが、こちらも。心拍数からわかりますが、ポタリングです。

コース途中、以前強行突破で行った小嵐山の麓から象が鼻に通じる道は、いまだに全面通行止めでした。

SnapCrab_115

(1)内牧ルート(初心者向け)から、(2)一の宮ルート(中級者向け)の移動は川づたいに、西側を走る。ダブルトラックの、草地と砂利道。正面に寝観音さまを、ずっと見ながら走れるのは、ありがたい、でした。
DSC01544

DSC01548

SnapCrab_114

心拍みれば一目瞭然、散歩的なポタリングでした。

SnapCrab_113

DSC01494
荻岳山頂です。

コギダスというサイトでは、阿蘇の自転車推奨コースを公開してあります。それで、30KMほどある、波野ルート(上級者向け)に挑戦してきました。上級者向けとあったので、行けるかいな?と思いましたが、荻岳は一度行ったことがあったので、カシミールで全コースの高度をグラフで確認したら、荻岳以外は、特にキツそうなところはなかったので、上級者コースで(^_^)

心拍が一番上がったのは、荻岳の駐車上から、右手の小山に上ったところ。片面が草地ではありますが、切り立った斜面で転んだらアウトなところ。300Mほどが激坂で、前回は上りきれず押して上ったのですが、今回は、頑張って上り切りました。緊張と激坂で心臓バクバクでした。

それ以外の道は、電動アシストMTB・TAGETE27.5(2017)Sでは楽勝で、鳥の声、田園風景を堪能しながら走ってました。バッテリーの予備を背負って行きましたが、残量2でした。

それと、コギダスのサイトに詳しいコース図作ってありますが、GPXデータをスマホに入れて行く方が無難です。田舎道、間違え易いところが多々でした。(一箇所コースハズしました)

SnapCrab_111

sssssewee
一日空けて、今日も快晴。また、象が鼻へ。今回は下から上るのではなく、北側から車で、赤丸地点まで。そこまで行って、そこら辺の丘と、象が鼻の先端をブラブラ(^_^)。動画にテロップをたくさん入れましたので、ご覧下さい。
113 bpm/平均心拍数、153 bpm/最大心拍数。4.63 km/距離、41:19/時間


vlcsnap-00005
地図を眺めて、ここだと思ったところが”象ケ鼻”。(後半に動画あり)。大観望が人工とすると、こちらは、ほんとに自然。阿蘇の雄大さに感動しました。途中、地震の影響で道を覆うほどの落石があり、ここで帰ろうかな、と思いましたが、たまたま、いつも歩いている方があり通過できました。なお、この道は、平日は工事で立ち入り禁止となっていますので、ご注意を。
vlcsnap-00004

SnapCrab_020

132 bpm/平均心拍数
167 bpm/最大心拍数
SnapCrab_019





もうひとつの小山の方に行ったら、笹が腰まで(^^;)

 DSC03707

DSC03716
Googleマップを付けましたが、ここは、阿蘇の荻岳(おぎだけ)です。第二のラピュタの道という方もあります。(動画下に)。事前に調べていった道に門が設けられていて通れず。しかたなく、東側の道を行ったら、そっちは行き止まり。これで、けっこうロスしました。しかし、こういうところは行ってみないと、ほんとワカラナイ(^^;)。

トレイルライドするようになって知った、阿蘇のラピュタの道ですが、残念ながら数年前の熊本地震でズタズタになって、復旧しないと決定がされ、私が走ることもなく幻となりました。

それで知ったのが、第二のラピュタの道と言われる萩岳に通じる道。元々のラピュタの道を知らないのでなんとも言えないのですが、山頂から300m下くらいから開け、山頂では360度の絶景となりました。平日で独り占めしてきました(^_^)

階段があったりして、TAGETEを押して上ったりしたところの、心拍数は165と限界を超える数値に(^^;)

SnapCrab_117

129 bpm/平均心拍数
165 bpm/最大心拍数
SnapCrab_118






↑このページのトップヘ