カテゴリ: グリーンピア八女

午前中の早い時間に、みやま市の女山に孫達と紅葉狩りに。カメラ小僧も数人いました。ここオルレコースとなっていますが、本日はイベントらしく、帰りに通った駐車場には、ぞくぞくとバスが入ってました。見頃でした。

午後からは、久しぶりにグリーンピア八女。山中渓谷は通行止めになってましたが、紅葉はすでに終わってました。善蔵堤の湖の周り道には、ヒノキのチップが全面に敷かれてました。ここも見頃でした。
Snap_143

DSC04363
孫三名を、グリーンピア八女内を引き回し。
今回は、カミサンにトラックで来てもらって、キツイ上りだけは、トラックで移動でした。それでも、山の中は、上ったり下ったり。滑って泣き出されたり。しかし、こういう時こそ、姉妹の個性がでますねぇ~。

DSC04367
休憩場所で一息したり

DSC04374
イチョウを取って帰ったり。

私、全工程、電動アシストMTB(E-BIKE)でした(^_^)
Snap_090

動画は7分近くありますが、秋満喫のサイクリングでした。

DSC04221
グリーンピア八女を周回。

DSC04230
抜けるような青い空。

DSC04236
山中渓谷は、写真写りはいいようです。

DSC04251

DSC04226
予定コース。久しぶりに行き止まり~~~。お陰で、遠回りに(^^;)
134140071

DSC02653
黒木町からスタートして、グリーンピア八女へ。以前、電動アシストFatbikeで上った時は、きつくて何度も小休止しましたが、TAGETEではノンストップ。ほんとに行きたい場所に行けるベスト・ギアです。

グリーンピア八女では霧雨でしたが、すぐ止み、そこから下って、一山上り、あとは下り。カッパはださずに済むなと、国道にでたら小雨に。あと2KMの地点。そのまま濡れて行ってもよかったのですが、しばらく廃墟らしいところで雨宿り。10分ほど待ってみたが止む気配がない。

SnapCrab_023それで、はじめての雨ライドを決行することに。いくつか持参してましたが、ポンチョタイプのレインコートを試しました。顔は濡れますが、下が開いているせいで、意外と蒸れもせず快適。予定どうり、国道から再度離れ、田舎道を通ってスタート地点に到着。ハンドル回りには、スマホ、懐中電灯他の機器がありますが、すべて防水仕様。でも、あんまり濡らしたくなかったのですが、このレインコートは、全部覆ってくれるので重宝。また、多少重いのですが厚みあり、少々強い雨でも内側まで浸みてこなさそうです。

DSC02663
 

まずは、グリーンピア八女。第一ゲートくぐって、最初の展望台からスタート。天気がいいというだけの写真(^^;)
DSC01137


往復6KM程で物足りず。写真の中央にある車の所から、勾配30度を一気に上って、グリーンピア八女の最上部の展望台に。
DSC01160

直線の所はエラーですm(__)m
SnapCrab_017

次に、日向神ダム。午前中に行ったらマラソン大会で通行禁止。グリーンピア八女に行ってから、再トライしました。しかし、車が多く、来年から、ここは行かな~いです。往復で10KM程度。平坦です。
SnapCrab_018



ここを走り終えて、次は、八女インターから南関へ。大津山西側を周回。2回回っても3.5km。昨日、高速道からみた時は、桜が密集していて凄い!と観てましたが、近くで観たら意外に普通でした(^^;)
SnapCrab_019

DSC09955
定番コースのグリーンピア八女。通称ドッグランコース。時計回りでスタート。最初、少し下ってセラピー1から上るのですが、そこは、落ち葉がいっぱいの道。ところが、きれいに掃き清めてあった。いつくか曲がったら、オジサンがひとりで、松葉ほうきで、落ち葉を集めて袋に入れてあった。たぶん、車で上る際、葉っぱが滑って危ないからだと思う。しかし、500Mほど掃く必要はあり、たいへんだなぁ~でした。

DSC_7994
グリーンピア八女の自称ドッグランコース。走り慣れているから、ほどよい運動に。昨夜の雨で、落ち葉が湿ってて走りづらいところもありましたが、握りこぶし大ほどの小石が隠れてて4~5回、後輪が乗り上げ、ズッコケそうに(^^;)
山中渓谷の方にも回ってみましたが、なんだかイマイチでした。

SnapCrab_058

118 bpm/平均心拍数  150 bpm/最大心拍数
SnapCrab_057

DSC_7977

DSC_7950

DSC02785
今日は、孫二人を連れて、特訓の目標であった、グリーンピア八女・セラピー3に。ここ、ヒノキのチップが敷き詰められた湖畔のコース。上り下りありの2.5Km。途中途中休んで、41分かかりました。(私だけなら約10分です)。ヒノキのチップが自転車には負荷になるので、なんでこんなの敷き詰めてあるの、って孫達はブツブツ。

DSC02780
精霊がでてきそうな、きれいで静かな湖畔。今日は、水が少なかったです。

DSC02791
上り坂

DSC02799
平坦な所は少ない

DSC02801
はい、上り坂~~

DSC02803
静かな湖畔。グリーン色です。

DSC02807
どんぐりがいっぱい

DSC02812
ヒノキのチップと、どんぐり

DSC02820
さぁ~こい

DSC02824
半分来たところ。

DSC02825
超危ないところ。

DSC02827
落ちそう

DSC02831
無事通過。ヒノキのチップロード。


ちょっと置いてけぼりしたら、お姉ちゃんが泣きだし、妹が迎えに行く。

その後は、ムッツリ(^_^)。
DSC02839

SnapCrab_154

帰りに、高台に寄って、ヤッホー、でした。
 


DSC01566

DSC01576

山中渓谷を周回して、グリーンピア八女のセラピー2を通って戻ってくるコースでしたが、グリーンピア八女に着いたら、駐車する場所を探し回るほどの大混雑ぶりに、まずビックリ。来場者のほとんどのお目当てはプール。ウォータースライダーは順番待ちしているほど。夏に来たのは初めてでしたので、この人気には驚きました。

山中渓谷周回は一度やってますので、道に迷うこともなく。山中から、セラピー3へ通じる激坂を上り、さらにセラピー2の激坂もクリアし、湖の所から離脱して、元の駐車場へ。TAGETEに上れない坂はありませんでした(^_^)
SnapCrab_171

120 bpm/平均心拍数
154 bpm/最大心拍数

DSC01562


DSC01256
トレイルライドらしい写真かと(^_^)

今日は、八女オルレとグリーンピア八女の2箇所の激坂を走ってみました。
結果から言えば、どちらも完全制覇でした。

八女オルレは、童男山古墳からの上り(1)、(2)は、以前のFatBikeでは、まったく上り切れなかったのですが、TAGETEで楽々とは言えませんでしたが、踏み込みを強くするとその分強く反応するので、展望台まで一気に上りきってしまいました。

グリーンピア八女では、超激坂だったところも(2)、一気上りしてくれました。また、木立を走り抜けるのも、踏み込みと同時に反応するので、とても走り易かったです。

TAGETEは、バッテリーの保ちも素晴らしい。アシスト5(強)で、上り3時間くらいは走れそうです。また、バッテリーなしでも、ペダルは重くならず、ごく普通の段変速自転車です。トレイルライドの場合は半分上りで、半分下りですので、バッテリーの予備は不要と思いました。

いままで、事前にマップで、坂の傾斜も考慮に入れて、ルートーを探ってきましたが、よほどの悪路で激坂でない限りは、TAGETEはどこでも行けそうですから、ルートだけ調べていけばよさそうで、行きたい場所が増えました(^_^)

SnapCrab_050

SnapCrab_051

SnapCrab_113
本日は、グリーンピア八女内の、私が作ったコース、通称ドッグランコースを周回。昨年末は1時間22分かかってましたが、今回はほとんどノンストップで55分と、30分ほども時短に。当時と違うのは、予備バッテリーと安全ロープでリュックが3kgほど重くなっているのも関わらずですので、体力がついたのかも。

グリーンピア八女・東部になる箇所ですが地図にはない道です。最初、ここ通った時は、行けるかな~?行けるかな~?で戦々恐々でした。


前半、中番は穏やかなコースですが、
後半は一歩間違えれば湖畔のドボンの過激コース。


DSC00756
いつもなら、グリーンピア八女からスタートするのですが、今日はそこまで上ってみようと、黒木の藤棚の所からスタートのヒルクライム、そして、ダウンヒル。所有時間、1時間21分。

SnapCrab_006

グリーンピア八女までは、③④⑤で、数分の呼吸整えで上り切りました。42分だったと思います。きつかったのは⑤の前後、車ではチョッイですが結構急坂。電動アシストFatBikeといえど、ベダルは重くなり、速度も遅くなる。当然バランスが微妙に。とにかく、止まらずにこぎ続け、中間の展望台で一休み。心拍より呼吸が先に楽になるので、大きく腹式呼吸を繰り返し、水分補給も行う。

一般道なので車も通ります。サドルの下、ヘルメット、指にシグナルライト点滅させて、車に当てられないように注意を促す。(気休めかも)

さて、グリーンピア八女に到着し、戻りとなりますが、元の道をたどるのは面白くないので、事前に調べたルートを下ることになるが、これが、いままで最高のアドベンチャーロードと化しました。

まず、⑦→⑧は、国土地理院の地図に道はあるが、Googleマップにない道。⑦から500M進んだら行き止まりのようになっている。よくみると、木と木の間に道がある。進んで行くと、石がごろごろで、川?かなと思うほど。戻ろうかな~と思いつつも前進。今度は、木が倒れこんで、道をふさいでいる。その先の方は、道がありそうだ
たってので、木を押し上げて前進。

今度は、初めての丸木橋。棒が5本渡してあるだけ。腐っているかも~と、恐る恐る渡るも、折れずに通過できた。そのあと、進むと、ここ数ヶ月は車は通ってないなと思う、杉の葉がびっしりと敷詰まった道。杉の葉はパラバラあると、あまり見栄えのいいものではないが、びっしりとなると、そこそこ見応えがあり、きれいだった。

そこを通過したら、道路を隔てて柵が。行くしかないので、柵を結んである紐をほどき通過し、柵を締めて、元のように紐を結んでおく。数回こういう目になっていると、柵があっても、元通りにしておけば、あくまで道路だから、不法侵入には当たらないと思のでした。

国土地理院の地図に道はあるが、Googleマップにない道。
乗って走れないので徒歩前進。
DSC00760

枝が道をふさぐ。押しのけて前進。
DSC00762

腐って落ちそう丸木橋。電動アシストFatBikeと一諸に渡る
DSC00764

杉の葉が道路一面。数ヶ月は車は通ってないと思う
DSC00778

今度は柵。開けて~、閉めて~で、紐は元通りにするのが礼儀のようです。
DSC00779

そこを抜けると絶景。あとは、スムースでした。
DSC00780

電動アシストFatBikeは、アドベンチヤー向きかな(^_^)

DSC00335

久しぶりにグリーンピア八女、セラピー3を走ってきました。
真新しい、ひのきのチップが約100M。フワフワで、香りもいい~。

新しいバッテリーを付けてみましたが特に問題なし。予備のバッテリー(2.4kg)はリュックに。手で持つと重かったのですが、背追ってしまうとさほど重さを感じませんでした。ただ、偏ると違和感はありましたね。

Snap_074

と、ここが目的ではありませんでした。
ここに続く道を調べてましたが、あっちもこっちも全面通行止めくらいました(^^;)
DSC00331

DSC00326

Snap_032

今日は、グリーンピア八女のセラピー1と3を軽く走ってきました。FEIYU FY-G3(手持ちジンバル)で動画を撮るつもりでしたが、明るい所と暗い所の差が激しく、いい映像にはなりませんでした。写真は映像からカットしました。

FatBikeで走る場所として、今年ここを見つけましたが、いつの季節も清々しかったです。FatBikeも前半は24段ギアのものでしたが、私の脚力ではなかなか走れず、後半は24段ギア車をヤフオクで売り、思い切って電動アシストFatBikeに変えました。しかし、それは大正解でした。激的に行動半径が増え、20分しか走れなかったのが、1時間20分でも疲れないというものでした。

近場でセラピーロードみたいなコースを探してますが、これもまた、楽しいものです。来年もここ、グリーンピア八女のセラピーロードをメインとして、あちこちを探索して回ろうと思います。

Snap_034


Snap_092
GPS走行軌跡ですが、どう?ワンワンが軽快に走っているように見えない(^^)
私が作ったコースですので、ドックランコースでもしておきます(^^)

グリーンピア八女のセラピー2は狭いのでホテルから山中湖の東まではパスして、南側の道を発見したのです。ワンワンの後脚からお尻当たり。そのみちは整備されないので、草ぼうぼうだったり、小石が落ちてたりですが、通れはします。ということで、尻からさらに東に向かう100Mほどは、斜度10度あり、電動アシストFatBikeの強でも昇り切れず[P]モードの補助を使い、徒歩前進です。尾っぽの部分がセラピー3ですが、ここは時計回り走りますが、ここはなんど走っても、清々しく超気持ちです。

そのセラピー3です。湖を周回するコースで、ヒノキのチップと落ち葉の道です。
小鳥さえずりも、とってもきれい。
IMG_0478

セラピー1から続く道ですが、木漏れ日と落ち葉と道が絶妙です。
IMG_0469

こちらは、私が発見した道の一部ですが、杉とかの針葉樹が落ちているのは美しくない。
IMG_0472

写真撮影に数カ所立ち止まりました。
バッテリーは残り1でも、このコースで丁度のようです。
Snap_091

Snap_029
標高図みて下さい。0から200Mまで、ずっと昇り。午前中走った後、充電しなかったのですが、バッテリー残り3が、一気に1に。私が設定したコースの1/4程度。走るの断念して引き返しましたが、あとで、車で走ったら、この先もずっと、清水山の山頂付近までずっと昇り。私が昇った距離のさらに倍です。電動アシストFatBikeといえ、最強アシストでも足はパンバン。やっぱり山はアカン。かといって平地は走りたくなくし、、、、。いまの所は、グリーンピア八女が、私には最適コースということがよ~く分かりました。でも、新ルートはまだまだ探しつづけます。

下記は途中にあった地元紹介のタイルマップですが、現在地から、少し左に真上に道があるようになってますが、これが、行ってみたら階段でした(^^;)。
IMG_0431

IMG_0394
上写真は、グリーンピア八女・森林セラピー3です。昨日雨がしっかり降ったようで、地面は湿気ってました。紅葉はこれくらいが限界のようです。今日は、風もなく、止まると蒸し暑い。早く寒くならないかなぁ~です。この湖を周回セラピー3は、ほんとに気持ちがいい。しかし、いままでここを歩いている人に出会ったのは、年間通じて1組。もったいなさ過ぎ。ヒノキのチップも腐りかけ、もう手入れしないのかなぁ~です。

さて、今日の発見はセラピー2からの脇道。2~3が、その道で、先日行き止まりになった、その上の道路でした。しかし、まったく手をつけてないようで、木々は落ちっぱなし、小岩も落ちっぱなしで、林道より悪い状態。ここ淋しすぎでした。グリーピアのホテルにも行けますが、セラピー2にそのまま引き返しました。

Snap_152

午後2時過ぎで、曇りがちだったので、シャキッとした紅葉には撮れてませんが、見頃となってました。 Googleマップに登録した全天球画像ですが、正確な位置は、左上の[Googleマップで見る]をクリックして下さい。

まずは、テニスコート近く

茶室付近(オープンしてました)

山中渓谷(露天のお店がでてました)。小ぶりの渓谷です。谷間になっているので、晴天で太陽が真上に来る12時前後が見映えがいいかと。舗装はしてありますが、結構急勾配です。散策道もあります。

いつもの湖ですが、今日は初めて時計と逆回りしてみました。ヒノキのチップが腐りかけていたり、また、所々、 掘り起こされていたりして、少々見映えが悪くなってます。

本日の走行経路。
2→5の間に、斜度10度の所があり、100mほどですが、アシスト強でも、
やっぱり昇り切れない(^^;)
Snap_133

IMG_0346

Snap_056

グリーンピア八女ですが、セラピーロード、ほぼ完走です。1時間28分は、私の最長です。電動アシストFatBikeのお陰で疲労度合いも少ないです。セラピー2は、中央湖畔の側の道ですが、階段があるのでパスです。その代わりが(3)の示すところです。

最初、下ってセラピー1に向かいましたが薄着していたので寒い寒い。リュックに予備のジャケット入れてましたのでそれを着込みました。昇り坂がきつく、FatBikeを押して昇っていた、セラピー1、一発クリア。

(3)は、行きは下りですが、昇りはめっちゃキツイところ。(4)から、北にセラピー3に続く道は舗装してありますが、ここは斜度10度とメッチャ急な坂があり、アシスト強でも昇れず、押して進む。

セラピー3も楽々、一発クリア。景色と森林を十分に堪能できました。そこから下って山中渓谷。紅葉はまだまだ先のようです。名勝地のようで、駐車場が広くとってあるのをみると見物に来る人が多い感じがします。紅葉の見頃が楽しみ。スタート時点(9)に戻るには、ずっと昇り坂。ここは何度も何度も休憩して昇ってましたが、電動アシストFatBikeは一発クリア。

(3)の脇に、細い道があるのですが、小さい橋があったり階段があったりで徒歩でないとムリということが分かりました。また、木立の間ではアシスト状態ではペダル操作が一定に保てないので、アシスト状態で走るのは危ない。

2回転けました。1度目は池に落ちかけました(^^;)。2度目は、側溝に落ちるところでした。手袋もヘルメットも着用してますが、転ぶのも上手になりました(^^)

IMG_0340

Snap_046

午後になって、やっと雨が止んだので心臓破りコースに挑んでみた。

まずは、ポイント1へ。ここはグリーンピア八女の入り口付近に当たる高台(下写真)で、舗装された道路ではあるが急な坂道で登ったこともなかったところ。さすがに、最後の20Mほどは、PAS-5でも上り切れずでした。

ポイント1から、しばらく林道の下り坂でしたが、舗装道路にでたら、赤いマーカーの出発地点までは上り坂。ここは、以前のFatBikeでは、何度も休憩してましたが、ここ一発クリア。

それで、ポイント3まで一気に下ってみた。そして、ポイント2迄の上り坂に挑戦。ここも結構、急で、10回くらい休憩してやっと上っていたところ。でも、一発クリア(^^)

全行程5.23km/35.15分 バッテリー消耗はさすがに激しく、10あったものが、2まで激減してました。漕いでないとアシストは当然効かない。ちょっと漕ぐのを止めると、トタンに重たい。ずっと漕ぎつづけるのは、楽ではあるが単調過ぎる(^^;)

しかし、私の体力を十分補ってくれることは分かったので、いままでトライしたことない場所にも行ってみたくなった。なんだか、行動範囲が10倍増えた感じ(^^)。電動アシストFatBike、超楽チン(^^)

22

↑このページのトップヘ